注目のケフィアとは?

ケフィアの効果・効能・作り方

ケフィアの効果・効能
乳酸菌と酵母菌、おもにこの2つが活動して、健康にプラスになるはたらきをします。
  • 整腸作用
ケフィアに含まれる菌が、腸内の善玉菌を応援し、悪玉菌の増殖を抑えます。腸内で優勢となった善玉菌は乳酸や酢酸を作りだし、腸を刺激することで腸の働きを活性化します。腸内環境が良くなり、便秘や下痢を改善、炭水化物や脂質の代謝を促進させます。
 
  • 美肌効果
肌荒れやニキビ、吹き出物など肌トラブルの原因が腸にあることも多いのです。便秘との因果関係もよく指摘されます。腸内で悪玉菌が優勢となり、腐敗物質・老廃物がたまっていることが原因です。
ケフィアで善玉菌を応援することで、悪玉菌の悪行を抑え、肌の状態を改善することができます。
 
  • 免疫力の向上
前述のように、腸は免疫の練兵場、最大の免疫器官です。そこで悪玉菌の増殖を抑え、腐敗物質や有害物質の発生を抑えることは、免疫系の負担を軽くしてやってその本来の仕事をきっちりさせる手助けをします。
ですから、ケフィアを飲めば免疫力の向上に結びつきます。
 
  • 基礎代謝量のアップ
太りにくい体質のキーワード、それは「基礎代謝量アップ」です。
ケフィアに含まれる乳酸菌と酵母菌は、どちらも糖質をエサにして乳酸、アルコール、二酸化炭素を生み出しますが、同時にいろいろな酵素も生み出します。そういった酵素が消化吸収を助け、代謝の改善につながり、基礎代謝量のアップに結びつきます。
 
ケフィアの作り方
とても有能なケフィアですが、なぜか小売店では売っていません。その理由は「酵母菌」にあります。酵母菌は活動にともなって大量の二酸化炭素を出すのです。そのため、密閉した容器に入れて店頭に置くと、容器が破裂してしまうのです。
ヨーロッパでは容器のフタに小さな穴を開けてガス抜きをしながら売っていますが、日本の法律ではこれができません。そのため、日本ではそのまま飲める形ではケフィアを売っていません。
ということなので、日本ではケフィアグレインを買って、これを使って家庭でケフィアを作るのです。
作り方はとても簡単です。
ケフィアグレインをネット通販などで取り寄せます。
牛乳500mlを常温にして、取り寄せたケフィアグレインを説明書にしたがって入れます。
よく混ぜて、容器にフタをして、24時間放置します。
これだけです。これだけで24時間後には豆腐くらいの固さのケフィアができます。
簡単ですから、どうぞお楽しみ下さい。